Cup

W 115 D 102 H 100/mm
Material/ faience
Stock 1

visageのハンドルの付いた、ブイヨンカップです。
刻印はありませんが、19世紀中頃か、もう少し古い時代にに作られたお品物で間違いないと思います。
カップ内部に2箇所ほど、製造時に入り込んだ突起物と、カップと高台の付け根部分に、小さな穴がありますが、
カップ底面に貫通する穴ではありません。
また、リムから側面に中程にかけて、約35mmのライン・ひび割れの線が見受けられます。

全体の雰囲気としてはシャープで繊細な印象で、フォルムの大変美しいお品物となっています。