Fleur en perles No.13

W 70 D 70 H 20/mm (ステムワイヤーの長さを含まず)
Material/ wire and glass beads
Stock 3

19世期末〜20世期初頭頃に修道院で製作されていた、ハンドメイドのビーズフラワーです。
主にカトリック教会のセレモニー装花(リース等)用の素材として使用されていたお品物ですが、
今回の入荷では、装花として組み上げられる前の状態で保管されていたパーツとなっています。

こちらの小花は入荷した種類の中では小さめのタイプで、淡くくすんだピンクベージュのビーズで作られています。
しべの部分はシルバーのコイルパーツのようです。
1〜2箇所、違う種類のビーズが混ざっているお品もありますが、これは愛嬌としてお楽しみ頂ければと思います。

ビーズを通している芯材はワイヤー製ですので、花弁をさらに開いたり、蕾のように窄ませたり…と、
ある程度形状を変化させることもでき、様々な表情で飾って頂けるかと思います。

ディスプレイにそっと添えて頂いたり、他のパーツと組み合わせてコサージュのように仕上げても素敵です。

ステム部分のワイヤーの長さは、約7cmほどとなります。
花冠のサイズは、花弁の広げ方によって変化しますので、目安としてお考えください。

価格は1点あたりの表記となります。