Bobine fil d’or

W 64 D 64 H 112/mm
Material/ wood bobine and gold thread
Stock 1

金糸コードの巻かれた糸巻き、コードの太さ、直径は0.9mmほどとなります。
糸巻きに巻かれた状態がオブジェとしても美しいため、コードの長さは確認しておりませんが、
50m?100m…??というくらいの長さがありそうです。
ベースに使われているのはコットン製の黄色いコードで、その表面に金糸をコイル状に巻きつけてある構造で、
特に、画像からも確認いただける表面部分には、コイル巻きの金糸の隙間から、
ベースのコードが露出している箇所が多く見受けられます。
(おそらく、10m、ほど使ってゆきますと、内部はもう少しコンディションの良いコードに
なっているかと思います)

また、中央に1箇所の結び目、継ぎ目があるのと、それとは別のコード端が上部にもありますので、
トータルの長さのうち、途中で最低1箇所、途切れているようです。

全体の色合いとしては、ベースとなるコードの色合いも影響してか、黄味の強いゴールド色となっています。