Ovalshape plate

W 270 D 173 H 33/mm
Material/ faïence (pottery)
Stock 1

18世紀後半〜末頃に作られたオーバルプレート、
小さめのサイズに美しいフォルム、そしてAPT(南仏の地名)の独特の色合いにも衝撃を受けてしまいました。
深みのあるオリーヴイエロー、黒や焦茶の濃淡も混ざったような…
言葉で表すのも、写真の解像度でも足らないような色合いです。

色合いに加えて、全体に入った貫入やナイフ傷、欠けや焦げ跡までもが美しく
アートのような一枚です。
ぽってりと分厚い素地と、サイズ以上に重量感もあり、ずっしりと重く感じます。